*

高尿酸血症である事を常に意識し始めた

公開日: : 痛風治療方法

痛風の発作が出た2013年から、尿酸値の数字をとても意識するようになりました。
ネットでもいろいろ自分で調べるようになり、尿酸を高める食品は、プリン体が多いことが判ります。と言っても、プリン体が高尿酸血症に大きく関与することは、10年以上前から知ってはいました。ただ意識しプリン体の多い食品などを摂取しないように心掛けるようになったのは、痛風の発作で激痛を知ってからの事です。
ビールにはプリン体が多く含まれている事は有名ですから知っていましたが、お酒が好きと言っても,若い頃からあまりビールを好んでは飲まなかったので、気にもしません。ホルモンなどの内臓も良くない、魚卵も良くない、ウニや鮟肝も良くない。そうしたものを好んで食べると痛風になる。その事も頭の中にはありました。

「贅沢なものばかり食べていると痛風になる」
ウニや鮟肝、イクラやキャビアなど、言われてみれば、贅沢な美味しいものはプリン体が多いようです。しかし、調べてみると、それらよりプリン体の多い食品がたくさんある事に驚きました。

干シイタケ、アジの干物、煮干し、鰹節などが極端に多い事には驚きます。肉類の内臓もやはり高い数値になっています。その中でも鶏、牛、豚ともにレバーは多く含まれています。よく言われるビールは、同じ容量の基準では少なく感じますが、実際は飲む量が多くなりますから、プリン体も多く、やはり尿酸を増やす原因になる事は間違いありません。
尿酸を排出するために、排尿の回数を増やす事も良いとされていますので「ビールは利尿作用があるから、ビールは良いんだよ」という人が良くいるのですが、実際は、その逆で尿酸をため込むことになってしまうのです。
私の同級生に医者がいます。彼も酒好きで腎結石、尿路結石で苦しんでいる一人です。
彼曰く「酒や美味いものが食べられないなら、一度の人生楽しくはない。お酒や美味い物を我慢するのは嫌だ。だから薬で抑えて、お酒も飲むし、美味い物を食べる」と公言します。まったく同意見ですし、医者の彼が言うことですから、その言葉に乗る事にしています。
過去10年の健康診断での尿酸値の結果が残っています。
2005年 8.8
2006年 7.8
2007年 7.4
2008年 7.9
2009年 7.2
2010年 7.8
2011年 9.5
2012年 9.3
2013年 7.0
2014年 6.8

尿酸値が7.0以下になったのは、ある薬を飲むようになってからでした。

関連記事

no image

痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃から、居酒屋の軒先にホッピーの

記事を読む

no image

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一

記事を読む

no image

フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったの

記事を読む

no image

腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読 んで感じます。20

記事を読む

no image

高尿酸血症を改善する方法

私の場合、高尿酸血症になった事で、痛風と尿酸石による腎結石、尿路結石になりました。 高尿酸血症にな

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

no image

痛風で歩くことができない

思わぬ休みが取れたある日にことです。前日に急遽京都への一人旅を決めました。宿泊先をネットで決め、旅行

記事を読む

no image

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自

記事を読む

no image

痛風 ロキソニン 感想

痛風という病は、自分には無縁のものだと思っていました。「風が当たるだけで痛い痛風」と言うことを聞いた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑