*

尿路結石の症状

公開日: : 最終更新日:2016/06/30 尿路結石治療方法

それは本当に突然の事でした。夜明け前に物凄い腹痛が襲ってきて、大の男が悲鳴を上げ程の激痛なのです。早朝の事でもあり、救急車を呼びたいのですが、ご近所の体裁もあり、何とか病院の開く時間まで我慢しました。横浜の鶴見にある富士電機病院に駆け込みました。
診察前に看護士さんに状況を説明すると、こっちは痛くて仕方がないのに笑いながらストレッチャー乗るように即されます。その時のことは、激痛だったこともあり、痛みだけは記憶にありますが、断片的にしか思い出せません。しばらくして医師が来て「結石だね。しばらくしたら治るから。」と点滴をされて簡易ベッドへと移されました。
そのまま放っておかれる事、数時間が経ったと思います。「おいおい、何とかしてくれよ」と思いながらも我慢の時間が過ぎていきます。点滴以外、鎮痛剤などの投与はありませんでした。ズボンのベルトはもちろん緩めていましたが、その下のパンツのゴムがきつくて、パンツも下げたい位なのですが、周りには看護婦さんやほかの患者さんもおり、それもできず、しばらくは簡易ベットの上でのた打ち回っていました。「もうすぐ楽になるわよ」と看護士さんが声を掛けてくれるが、一向に痛みが引いていきません。定かな時間は覚えていませんが、痛みの頻度が徐々に弱くなり、いつの間にか激痛は収まりました。
その日は痛みが治まったところで、飲み薬と鎮痛剤をもらって帰りましたが、その時の薬の名前は、あまり気にしていなかったので覚えていません。
その日はそのまま家に帰り、嘘のように日常生活に戻ったのです。
尿路結石はとても痛いという話はよく聞かされていました。その数か月前にも、友人が出掛けた先で突然の激痛に襲われたのですが、3時間ほどで痛みが嘘のように消えたと聞いたばかりでしたが、まさか自分が、その尿路結石になり激痛に襲われるとは思ってもみませんでした。

尿路結石には腎結石、腎盂結石、膀胱結石、尿道結石などがあり、腎臓で出来た結石がそれぞれの場所にあることで、その名前の呼び方が違うようです。尿管結石、尿路結石、尿道結石などの呼び名が異なる場合がありますが、私は同じものだと理解しています。
激痛が起こっての後の事ですが、特別な痛みや下腹部の違和感もなかったので、もらった鎮痛剤を使用することはありませんでしたし、それ以外の処方された薬も、飲みきらないまま飲むのを止めました。
日常の生活が一週間ほどが経ったころです。
普段と同じように昼間街を歩いている時に、突然下腹部からこぶし大の石が、体内からドカンと落ちたような感触があり、思わず立ち止まりました。街中ですから、何か恥ずかしい状況なったのではないかと、陰に隠れて調べたりもしました。
家に帰り、急いでズボンを下ろして調べましたが、特別何もある訳ではありませんでした。
今考えると、詰まっていた結石が、ある程度のところまで落ちたのだと思うのです。
それからは激痛が起こることなど無く、この時はまだ、まさか何年も結石と付き合うとは思ってもいなかったのです。

関連記事

no image

尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私です。 尿路結石の激痛を知っ

記事を読む

no image

痛風治療薬コルヒチンの感想

2013年の10月の終わり、またまた痛風の発作を発症しました。すぐに主治医のところに行き、痛風との診

記事を読む

no image

腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の日記を読 んで感じます。20

記事を読む

no image

フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られた新薬です。私が初めて知ったの

記事を読む

no image

三大激痛の一つ 激痛の王様 尿路結石

尿路結石の痛みは、経験者でなければ判らないものですが、経験者の方が一様に「耐えられない七転八倒する激

記事を読む

no image

アプリノール系薬品のザイロリックの使用感想

尿路結石にしても痛風にしても、その痛みを知る人は、二度とあの痛みは経験したくないと思うはずです。私自

記事を読む

no image

腎臓結石の手術 西窪病院(現武蔵野陽和会病院)

2005年9月24日、5月から入院していた父が亡くなりました。 5月に毎年行われる京都で行われる剣

記事を読む

no image

腎結石、尿管結石除去手術

2005年9月尿路結石の痛みと、父の死で、混乱していた事もあり、その当時のことは、鮮明には覚えていま

記事を読む

no image

尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれるプリン体は、体内に入ると変化し

記事を読む

no image

尿路結石も痛風も尿酸値が高い事にあった

毎年実施ている健康診断で、幾つかの指摘をされる項目がありました。肥満度、体脂肪率が高いと指摘され、一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑