*

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

公開日: : 脳内出血体験談

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなかったからでしょうか。ところが一旦退院して日常生活を送るようになってから頭痛がした時がありました。

 

そして市販の薬を1回だけ飲んだ時に、鼻から下の部分のちょうど唇の周りだけがしびれ出したのです。それは約4日から5日くらい続きました。その部分以外は他は全く問題がありません。先生にその事を言うとえらく怒られました。

 

やはり脳のどこかに影響したのでしょうか、本当に脳の事は難しくそして全体的に影響する訳ではなく、ある部分に副作用のように出てきました。脳血管障害として考えると薬は先生に処方してもらう事が一番良いと思います。

 

脳神経外科の病院で手術をしてそれからはフェノバール散10%を飲んでいました。身体的に健康体で過ごしてきた私は朝、夕ずっと飲んで行くのは面倒くさく飲んでいない時がありました。

 

すると家で誰もいない時に急に目の前がカシャッと瞼が閉じたように意識不明となりました。倒れたんです。薬で制御していたのに薬をちゃんと飲まなかった為です。この日以降薬は必ず薬を飲むようにしています。

 

しかし脳外科の専門病院では薬を増やすことはなく、その代り私も必ず飲むようにしていましたので無事何年か過ごせました。その後幻聴、幻覚が出だして、これは脳神経外科の領域ではないと言う事になり精神科を受診して現在に至っています。

 

そして今はアレビアチン散、デパケンR錠、フェノバール散を基本としてエホチール錠(血圧を上げる)、ランドセン錠(興奮抑制と発作を抑える)、アキネトン錠(動きが鈍くなるので症状改善)リスパダール錠、ジプレキサ錠、セロクエル25mg錠を精神病院で薬を合わせてもらって飲んでいます。

 

私は上記の薬でてんかん発作が起きることはないのですが、同じ様な薬でも合う合わないがあるそうです。ある人は治験薬を飲み始めてから、やっと発作が4年間出なくなったと聞きました。医学、薬学の進歩で良いお薬が出ていますので諦めないようにしたいですね。

関連記事

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
子どもたちが発症する脳梗塞

一般的に、脳梗塞は中高年層以上の方に多く発症する病気だと言われています

no image
西城秀樹さんの脳梗塞について解説

歌手の西城秀樹さんが、5月16日に急性心不全で亡くなりました(享年63

no image
脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑