*

データ入力

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。
「このたびは本当にありがとうございました。また当方にできる業務がございましたら、何卒よろしくお願い致します。」と…。

すると、千葉県の企業様から引き続き業務が発注されるようになったのです。

正直、追加業務が発生するとは思ってもみなかったので、本当に嬉しい出来事でした。

このことによって少なからずもSOHOに対して自信ができた私は、次から次へ応募をしました。

すると次は同地域在住の企業様から、「看護師の情報入力をしてみませんか?」という依頼メールが届いたのです。

その業務内容は、「郵便番号・住所・名前・電話番号・メールアドレス」の5項目…1データに対して20円という高額業務でした。
(※当然のことながら、現在ではこうした個人情報のデータ化は禁止されています。)

1案件につき1000件(200.000円)…納期は1ヶ月で、この案件が約1年間継続したのです。

実はこの案件、当初は私以外にあと3人に依頼業務をしていたそうです。

その頃の私は業務依頼を頂いた時、必ずお礼の電話もしていました。

そして担当者様にこの業務の内容を聞いた瞬間、とっさに次のように質問していたのです。
「私だけに業務を依頼していただけないでしょうか?そのかわり、全身全霊を傾けて頑張ります。」

こうしたいきさつによって、高額業務を手に入れることができたのです。
(※ちなみに、この時に郵便番号を入力すると住所が変換される無料ソフトを入手しました。)

この当時、私は「まだまだデータ入力オンリーで収入を得ることができる。」と信じ切っていました。

しかし2003年に制定される個人情報保護条例が、これほど極端にデータ入力業務に打撃を与えるとは思ってもいなかったのです。

ちなみに当時の家族の収入源を記載しておきます。

・障害者年金(自分・妻・2人の子ども)=約200万円
・自分自身のSOHO収入=約240万円
・妻の収入=約200万円

この収入がいつまでも続けば良かったのですが…

関連記事

no image

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

情報商材に出会う

数少ない副業業務が終われば、あとの時間はインターネットで検索する日々…「何か身になる情報はないだろう

記事を読む

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

脳梗塞の最先端治療~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法

脳血管障害は、「脳血管に血栓が詰まる脳梗塞/脳血管が破裂する脳卒中/脳血管にできたコブが破れるくも膜

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

仕事に復帰できると信じていた…

私は自分自身の中で意識が明確になればなるほど、ある不安がよぎり始めていました。 それは、一向に

記事を読む

脳血管障害~自覚症状~

脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血…時と場合によって、命を落とす危険性もあるこられの症状を「脳血管障害」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑