*

データ入力

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。
「このたびは本当にありがとうございました。また当方にできる業務がございましたら、何卒よろしくお願い致します。」と…。

すると、千葉県の企業様から引き続き業務が発注されるようになったのです。

正直、追加業務が発生するとは思ってもみなかったので、本当に嬉しい出来事でした。

このことによって少なからずもSOHOに対して自信ができた私は、次から次へ応募をしました。

すると次は同地域在住の企業様から、「看護師の情報入力をしてみませんか?」という依頼メールが届いたのです。

その業務内容は、「郵便番号・住所・名前・電話番号・メールアドレス」の5項目…1データに対して20円という高額業務でした。
(※当然のことながら、現在ではこうした個人情報のデータ化は禁止されています。)

1案件につき1000件(200.000円)…納期は1ヶ月で、この案件が約1年間継続したのです。

実はこの案件、当初は私以外にあと3人に依頼業務をしていたそうです。

その頃の私は業務依頼を頂いた時、必ずお礼の電話もしていました。

そして担当者様にこの業務の内容を聞いた瞬間、とっさに次のように質問していたのです。
「私だけに業務を依頼していただけないでしょうか?そのかわり、全身全霊を傾けて頑張ります。」

こうしたいきさつによって、高額業務を手に入れることができたのです。
(※ちなみに、この時に郵便番号を入力すると住所が変換される無料ソフトを入手しました。)

この当時、私は「まだまだデータ入力オンリーで収入を得ることができる。」と信じ切っていました。

しかし2003年に制定される個人情報保護条例が、これほど極端にデータ入力業務に打撃を与えるとは思ってもいなかったのです。

ちなみに当時の家族の収入源を記載しておきます。

・障害者年金(自分・妻・2人の子ども)=約200万円
・自分自身のSOHO収入=約240万円
・妻の収入=約200万円

この収入がいつまでも続けば良かったのですが…

関連記事

no image

自暴自棄

リハビリ担当医から宣告された「もう右手右足は動かない」という現実を突きつけられて以来、数週間、私の精

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

ライティング業務

2003年の個人情報保護条例が近づくにつれて、徐々にデータ入力業務は減っていました。 (※当然、デ

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

no image

資格をもとに近所のアルバイトを応募~どうしようもない挫折感~

毎日の日課である1時間の散歩の途中に見つけたアルバイト求人…。 新聞の折り込み欄や広告に掲載さ

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑