*

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

公開日: : 脳内出血体験談

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほかの患者さんの具合からかもしれませんが、こまめに覗きに来てくれていたと思います。

 

元気な身体で脳内出血しただけですから、私に対しては細かく気を配る指示は殆ど出ていなかったようです。これがマヒや失明などしていると対応が違っていたと思います。

 

病院側も患者さんの容態で扱いが変わるのは当然ですし、良心的な病院であればかえって何もしないという事もあるのでしょう。

 

今でもいろいろな検査をする病院はあるようですが、私の入院代はそれ程高くなかったですし、必要な検査だけで余分な事はしなかったのです。高額医療にはならず助かりました。比較的若くそれまで健康だったので、特に追加する検査もなかったようです。

 

一方で脳外科の専門の病院は医師の腕は良く看護師さんもよく動いていたのですが、病室はかなり狭く救急車が常に入ったりでドタバタしている感じがしました。手術は専門で慣れていて上手いのですが、その後のケアと言う点ではあまり良かったとは思えません。

 

また大学病院はベッドの置いてあるスペースが広く取られていて、自分で買ったテレビもおけるようになっていました。比較的自由に入院生活が送れると言う点では良かったと思っています。

 

市民病院、脳外科の病院、国立大学付属病院と入院しましたが、病院側にすれば頭の血管が破裂したくらい、よくある話なのでしょう。本人と家族は心配して何か治療を、と思いますが、とりあえず緊急処置が必要でないと判断されれば特にこれと言った治療もないので、検査と様子見で入院しているような状況でした。

 

医師は死と重度の後遺障害を考えますので、入院してもほったらかされていた、という事は、つまり死なないと判断し手術するだけで良いと考えていたのかもしれませんね。

 

精神の病院、これは単純でして薬を合わせてゆっくり寝てもらう、安静にするのが一番という事らしいのです。静かな環境でゆっくり出来たので落ち着きました。

関連記事

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

no image
腎結石と尿路結石の手術の感想

人間というのは、実にいい加減であるか、記憶があいまいであるかが、過去の

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑