*

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

公開日: : 未分類

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階では)。
しかし今、脳卒中によって発症した後遺症(片麻痺)に対して新たな取り組み~「麻痺した指を自意識で動かそうとする」療法が行なわれているのです。
その取り組みを「HANDS療法」といいます。
脳卒中によって片麻痺を発症した場合、リハビリテーションの一環として自分で指を動かそうとする訓練をします。
しかし指を動かそうとすればするほど、逆に指の筋肉が収縮してしまいます(握ってしまう状態=グー)。
(指を動かそうとした瞬間、脳からの電気刺激が筋肉に伝わるのですが収縮してしまう。)
実は、HANDS療法とはこの電気刺激を応用した療法なのです。
つまり筋肉を収縮させるのではなく、電気刺激を利用して指の動きに補助を加えるのです。
HANDS療法の装具を取り付ければ、麻痺側の筋緊張を弱めるだけでなく指を動きやすくします。
そしてHANDS療法は1日8時間、麻痺した手を実際の生活に則した動作をすることで効果を上げることができます。
またHANDS療法は、個々の麻痺の状態に合わせてプログラムを作成しなければなりません。
(リハビリテーション専門医と作業療法士)
ここで、HANDS療法の治療対象になる患者さんについて触れておきます。
○脳卒中による片麻痺を発症した患者さん。
○発症から5ヶ月以上経過し(回復期のリハビリテーション)、在宅生活をしている患者さん。
○1人で歩行ができる患者さん(装具を使用しても問題なし)。
○日常の基本的動作に対して自立している患者さん。
○感覚障害を発症していない患者さん。
(失語症などの言語障害があっても問題ありませんが、理解(能力)が難しい患者さんはお断りしています。)
今後、HANDS療法の効果がどのように推移していくかわかりませんが、HANDS療法が画期的な療法であるのは間違いのない事実です。

関連記事

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

資格を目指す

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。 そのユーキャンに代表される

記事を読む

no image

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。 治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、その

記事を読む

no image

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います

記事を読む

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑