*

脳梗塞が起こりやすい季節

公開日: : 未分類

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。
そして、脳梗塞の患者は約80万人いると…(約60%)。
もしかすると重篤な症状を引き起こす脳梗塞は、私たちが想像する以上に身近な病気といえるかもしれません。
そんな脳梗塞ですが、もっとも発症しやすい季節はいつだと思いますか。
その季節は~夏と冬です~。
何故なら、夏と冬は脱水症状を引き起こしやすいからです。
というのも夏は汗を大量にかくことによって、冬は外気の乾燥によって身体から水分が失われてしまうからです。
(ドロドロの血液と血管収縮が、脳梗塞を発症させるのです。)
次に、脳梗塞を発症しやすい時間帯はいつ頃なのでしょうか。
脳梗塞の場合、就寝中~朝方にかけて発症しやすい傾向にあります。
・就寝中=ラクナ梗塞/アテローム血栓性脳梗塞。
・朝方 =心原性脳塞栓症(起床して2時間以内)。
では、脳梗塞が起こりやすい場所はどこなのでしょうか。
やはり何といっても、脳梗塞が起こりやすい場所といえばお風呂場と就寝中になります。
お風呂場と就寝中のキーワード…それは汗です。
お風呂場と就寝中~「汗なんかかいてるの?」と思うかもしれません。
実は、私たちは入浴中に平均して800mlの水分を発汗しているのです。
そして就寝中、約コップ1杯分の汗を発汗しているのです。
この知らない間の発汗が、脳梗塞を引き起こしているわけです。
(入浴中と就寝前の水分補給は、脳梗塞にとって必要不可欠です。)
このように「季節・時間帯・場所」によって、脳梗塞の発症しやすい状態をチェックしてみました。
またこれは至極当然のことですが、お酒と喫煙が脳梗塞を発症するもっとも危険因子です。
ちなみにお酒は大量に飲まなければいいのですが、喫煙は絶対にやめるべきです。
(お酒を飲んだ夜ほど、しっかりと水分補給してください。)
脳梗塞を含む脳血管障害は、発症してから後悔する病気です。
私たちは後悔しないためにも、規則正しい生活習慣に気を付けなければいけません。

関連記事

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

1週間のICU治療

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。 妻に聞いたところ、私は1週間、IC

記事を読む

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑