*

左手での文字入力

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

○1つは慣れない左手で、朝日新聞の天声人語をノートに書き写すこと。
○1つは、パソコンのキーボードを左手で入力する練習(ノートに書き写した天声人語)。
○1つは、朝日新聞の1面すべてを声に出して読むこと。
(※ちなみに病院に入院している期間には、左手でお箸がちゃんと持てるようになっていました。)

とにかく右手と同じ程度に「書く・入力する」こと…そして左脳を覚醒させることを目標にしました。

左手で字を書くことは、非常に厄介なものでした。

まず漢字が上手く書けない…そしてノートのマスをはみ出してしまう…。

しかし、慣れというのは本当に凄いです。

字自体は上手く書けないのですが、ノートのマスにきちんと書けるようになっていました。
(※その練習成果は、ノート5冊分にも及びます。)

パソコンのキーボード…とにかく健常者の頃は何も考えず入力することができていましたが、左手入力は本当に苦労しました。

今思えばアルファベット入力するのですが、その文字の場所をいちいち探さないといけなかったのです。

それは右手と左手の感覚(左脳と右脳の感覚)が、どうしてもピンとこなかったからだと思います。

現在ではキーボードを見ないで入力するまではいきませんが、ごく普通に入力することができます。

そして新聞を声に出して読む…これは滑舌を良くすることに役立ちました。

元来、早口だった私ですが脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、滑舌が悪くなっていたからです。

特に普通の感情の時はきちんと話せるのですが、少し興奮状態になると滑舌が悪くなり、相手からしてみると聞き取りにくくなっていたようです。

この滑舌(言語障害)の練習は、今でも続けています。

私はこうした練習を続けるのと同時に、次のステップを目指していました。

関連記事

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

仕事に復帰できると信じていた…

私は自分自身の中で意識が明確になればなるほど、ある不安がよぎり始めていました。 それは、一向に

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

自暴自棄

リハビリ担当医から宣告された「もう右手右足は動かない」という現実を突きつけられて以来、数週間、私の精

記事を読む

no image

ネット副業のご相談承ります。

・ライティング業務 ・こちらのビジネス ・情報商材の販売 ・その他のビジネス 全て含めて

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑