*

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

公開日: : 未分類

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(=身体障害者手帳)。
しかし誰がみても明らかな身体的後遺症を発症していたとしても、すぐに身体障害者手帳を受けられるわけではありません。
当然のことですが、医師によって後遺症による麻痺の状況をチェックしてもらい、その審査が通れば身体障害者手帳を受けることができるのです。
○申請方法…
発症してから6ヶ月以降、医師の診断書と共に居住地の福祉事務所に申請します。
(※ちなみに医師によって麻痺の状態が固定化されていると判断された場合、6ヶ月以内でも診断書の申請を行うことができます。)
そして申請が受理されれば身体障害手帳が交付され、それによってさまざまな公的サービスが受けられるようになります。
・車いすや装具を購入する時の費用の助成。
・旅客運賃の割引(=半額)。
(※私は身体障害者手帳2級ですが、同伴者がいれば半額/1人ならば通常料金(電車)…これに関しては納得がいきません。)
また、身体障害者手帳と同じようなシステムとして介護保険サービスがあります。
身体障害者手帳と介護保険サービスの違いは、身体障害者手帳は40歳未満の人でも交付されますが、介護保険サービスは40歳以上の人しか受けられないことにあります。
(※40歳以上の方であれば、認定基準に当てはまれば両方を利用することできます。その場合の優先順位として、「介護保険サービス/身体障害者手帳」となります。)
最後に障害年金を受給するには、3つの要件を満たしていなければなりません。
・初診日が、国民年金あるいは厚生年金の被保険者であること。
・一定量の年金の滞納がないこと。
・障害認定日における障害の程度が1級、もしくは2級であること。
(※私は身体障害者2級で、すべての要件を満たしているので障害年金を受給しています。)

関連記事

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

脳血管障害に欠かすことができない画像診断~CTスキャン~

脳血管障害の有無をチェックする場合、必ず行われるのは画像診断(CTスキャン)です。 CTスキャンは

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

仕事に復帰できると信じていた…

私は自分自身の中で意識が明確になればなるほど、ある不安がよぎり始めていました。 それは、一向に

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

資格を目指す

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。 そのユーキャンに代表される

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

no image
ウォークマンZXシリーズ

ある雑誌の男性に対するアンケートで、下記に明記する質問がありました。

no image
待ちに待った4Kテレビを購入

十数年前、私も仕事人間だったこともあり、年2回のボーナスを楽しみにして

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑