*

家族が脳血管障害を発症したら…

公開日: : 未分類

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。
何故なら、自分と同じような人生を送ることになるからです。
だから、絶対に脳血管障害を発症して欲しくありません。
そして記事タイトルでは「家族が脳血管障害を発症したら…」と付けましたが、実は今年そうそう(1月)、21歳の姪っ子が可愛い赤ちゃんを出産しました。
しかしその姪っ子が出産時に脳内出血を発症し、右片麻痺という後遺症を背負ってしまったのです。
しかも、言語障害も併発しているようで…。
出産は非常に危険な行為で、さまざまなリスクを伴うことを頭では知っていましたが、まさか姪っ子が脳内出血を発症するとは…。
ちなみに血圧は、いつも正常値だったそうです。
そして、アルコールや喫煙もまったくしない姪っ子です。
私はそれを聞いた時、しなければならない処置をすぐに伝えました。
「ICUで意識が朦朧としていようが、麻痺側の足と手の屈伸運動を続けること。」
「できる限り、話続けてあげること。」
「3ヶ月で今の病院が終われば、リハビリ施設のボバーズ記念病院へ行くべきだということ。」
あれから3ヶ月が経過しました。
姪っ子は今、ボバーズ記念病院で必死にリハビリを頑張っています。
(※多分ですが、自殺願望といったうつの症状も徐々に落ち着いてきている状態だと思います。)
自分が出産した赤ちゃんとも一緒に過ごすことができず、非常に辛い日々を過ごしているかもしれません。
しかしボバーズ記念病院で受けているリハビリは、必ず姪っ子にとって良い方向へ進むと信じています。
少し記事タイトルの真意とはずれましたが、姪っ子ですらこれほど悲しみが湧くわけですから、家族が脳血管障害を発症したことを考えれば…。

関連記事

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません。 しかし最近になって、

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

no image
ウォークマンZXシリーズ

ある雑誌の男性に対するアンケートで、下記に明記する質問がありました。

no image
待ちに待った4Kテレビを購入

十数年前、私も仕事人間だったこともあり、年2回のボーナスを楽しみにして

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑