*

二度となりたくない隠れ脳梗塞

公開日: : 未分類

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。
例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると、目に見える脳梗塞を発症しさまざまな後遺症を残すことになります。
一方、隠れ脳梗塞とは脳梗塞と同じように脳内血管に血栓が詰まっているのですが(=一部に脳細胞は壊死している)、範囲が非常に狭いため自覚症状がないのです。
ふとめまいがした~一種、モノが二重に見えた等々…このような後遺症症状を発症しているわけですが、すぐに症状が治まっているため後遺症という自覚症状に気付かないまま生活をしているのです。
最近、テレビ番組で脳ドッグをする芸能人の特集が組まれることがあります。
そこで脳の画像を見てみると、僅かですが色が白く写っている芸能人が…実は、この白い部分こそ脳梗塞を発症した証拠なのです。
隠れ脳梗塞が怖いのは、いつ何時発作が起こり生命の危機を(=後遺症)生じる可能性を含んでいるからです。
さらに言えば、隠れ脳梗塞を発症しているということは、重篤な脳梗塞を発症する日が近いことを意味します。
隠れ~という言葉を使っていますが、それは言葉のアヤに過ぎないのです。
ある統計データによると、40歳代で3人に1人が~そして50歳代では2人に1人が~そして60歳代以上では約80%の方が、隠れ脳梗塞を発症しているといわれています。
これを読んでいるみなさんが中高年層以上であれば、是非一度、脳の精密検査(=MRI)を受けることをお勧め致します。
「備えあれば憂いなし。」という諺(ことわざ)があるように、何もなければ大丈夫(安心)ですし、何かあったらすぐに治療にあたればいいのです。
ちなみに一度脳内出血を発症している私は、絶対に脳梗塞を発症したくありません。
何故なら左脳が脳内出血→右片麻痺になったわけですが、仮に右脳が脳梗塞を発症した場合、左側が麻痺する可能性が…。
そうなると、一生寝たきりになってしまうからです。
それを想像するだけで、胃がキリキリ痛むような感じに襲われます。
だからこそ、私は食生活に気を付けているのです。

関連記事

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

脳梗塞の滑舌のトレーニング(ボバーズ記念病院)

脳梗塞(脳内出血)になってしまうと、言語機能障害を発症する可能性があります。 例えば右片麻痺になっ

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
西城秀樹さんの脳梗塞について解説

歌手の西城秀樹さんが、5月16日に急性心不全で亡くなりました(享年63

no image
脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

no image
ウォークマンZXシリーズ

ある雑誌の男性に対するアンケートで、下記に明記する質問がありました。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑