*

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

公開日: : 未分類

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。
いったい高次脳機能障害とは、どのような障害なのでしょうか。
脳血管障害によって発症する後遺症には、片麻痺といった運動障害などがあり、そうした障害は多くの人が知っていると思います。
そうした障害はある意味、健常者でも理解できる障害だと思います。
しかし、高次脳機能障害は健常者には理解しにくい後遺症なのです。
何故なら一見しただけでは、「どこが障害なのか。」まったくわからないからです。
高次脳機能障害とは、人が人として生きていくために必要な機能が障害に合うことをいいます。
例えば 「記憶障害/注意障害/遂行機能障害/社会的行動障害/半側空間無視障害」等々が高次脳機能障害にあたります。
○記憶障害~事故や病気を発症する前に経験していたことが思い出せない/新しい情報が覚えられないといった障害。
○注意障害~周囲からの刺激に対して上手に反応することができなくなる障害(=気が散り、1つのことに集中することができない/エレベータの扉に気が付かない等々)。
○遂行機能障害~論理的に物事を考えることができない障害(=解決&分析)。
○社会的行動障害~感情のコントロールが上手にできなくなる障害(=お金を使い過ぎる/食べ過ぎる)。
○半側空間無視障害~左右どちらかの情景が見えないのではなく、見えているにも拘わらずその半分の情景を認識することができない障害。
実は、私も半側空間無視障害を発症していました。
例えば食事が並べられているのに、半分しか食べないこともありました(=認識できない)。
しかしさまざまなリハビリによって、約1年後には半側空間無視障害を改善することができました(=さまざまな刺激を与え続ける)。
このように高次脳機能障害は自分自身しかわからない症状だけに、非常に辛い障害でもあるわけです。
ちなみに高次脳機能障害を発症した本人が辛いこともわかりますが、もしかすると本人より周りの家族の方が辛い場合もあります。
何故なら目に見えない障害に苦しむ本人を、フォローし続けなければならないからです。

関連記事

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

西城秀樹さんの脳梗塞について解説

歌手の西城秀樹さんが、5月16日に急性心不全で亡くなりました(享年63歳)。 私自身も脳梗塞を

記事を読む

no image

脳卒中後に起こりやすいうつ病について

脳卒中を発症すると、片麻痺などの後遺症を引き起こすことは良く知られていることだと思います。 しかし

記事を読む

no image

脳血管障害の私はまだラッキーな人生かもしれない

私の障害者人生を考えてみた時、まだラッキーだったと思います。 まず第一に私が地下鉄で倒れた時、ちょ

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
夏場に発症する脳梗塞について

7月~8月と暑さが本番を迎えるこの時期、熱中症などに注意をする必要があ

no image
子どもたちが発症する脳梗塞

一般的に、脳梗塞は中高年層以上の方に多く発症する病気だと言われています

no image
西城秀樹さんの脳梗塞について解説

歌手の西城秀樹さんが、5月16日に急性心不全で亡くなりました(享年63

no image
脳梗塞と再発を考える

相変わらず、脳梗塞は生命の危険を脅かす病気であることは間違いありません

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑