*

自暴自棄

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

リハビリ担当医から宣告された「もう右手右足は動かない」という現実を突きつけられて以来、数週間、私の精神状態は錯乱そのものでした。

例えば4階の一般病棟に入院していたわけですが、
「ここから死ねたらどんなに楽になるんだろう。」「早く死にたい」…

激しい喜怒哀楽を交錯させながら、私はずっとそういうことを考え続けていました。
(※実は窓の外には柵が設けてあり、変な行動ができないようにされていました。)

それ故、リハビリ担当医から言われた「1日にしなければならない運動」もまったくする気力がありませんでした。

とにかく、外を眺めては涙涙涙…。

ここで脳血管障害(脳内出血)を発症して約3週間、私の身体の状態を知らせておこうと思います。

右片麻痺になるということは、「身体の右半分が動かない=重力に逆らうことができず、ダランと力が入らない」状態を意味します。

事実、リハビリ担当医から「30分間、足を出してベッドに座り続ける」運動療法をするように言われていたのですが、
10分も座り続けると、知らない間に身体が右方向に傾いてしまうのです。

その頃の私はまだそういう感覚になることもわからず、私の状態に誰も気づかなければ…そのまま倒れてしまっていました。

そして倒れたら倒れたで大声を張り上げる…しかし看護師からみると、そうした症状も「仕方のないこと」とわかっていたようです。

何故なら「時間が経てば、そうした言動(行動)もおさまる」ことを知っているからです。

今考えてみると、この時期がもっとも最悪であったことは言うまでもありません。
(※もちろん、私以上に妻はもっと苦しんでいたと思います。)

ちなみに自暴自棄になっていた私ですが、今ではきちんと身体の状態を説明してくれたリハビリ担当医に感謝しています。

右片麻痺という症状を早く教えてくれたことで、誰もが通るであろう自暴自棄の状態が早く終わったからです。

事実、発症から約4ヶ月後、自暴自棄から脱却すべき大きな動きがあったのです。

関連記事

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

情報商材に出会う

数少ない副業業務が終われば、あとの時間はインターネットで検索する日々…「何か身になる情報はないだろう

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

資格をもとに近所のアルバイトを応募~どうしようもない挫折感~

毎日の日課である1時間の散歩の途中に見つけたアルバイト求人…。 新聞の折り込み欄や広告に掲載さ

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

脳血管障害の私はまだラッキーな人生かもしれない

私の障害者人生を考えてみた時、まだラッキーだったと思います。 まず第一に私が地下鉄で倒れた時、ちょ

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

ネット副業のご相談承ります。

・ライティング業務 ・こちらのビジネス ・情報商材の販売 ・その他のビジネス 全て含めて

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑