*

医師からの宣告

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。

ベッドから起き上がることもままならない私は、ベッドに寝転んだまま、様々な動きをさせられました。
(※実際はさせられたというよりは、まったくできない動きばかりでした。もちろん健常者なら、無意識にできる動きです。)

約20分かけて、リハビリ担当医は入念に私の動きを確認していました。

そして私にこう告げました…「明日、私の処置室に来てください。」と…。

私は心の中で、「明日からきちんとしたリハビリが始まるんだ!頑張るぞ!」と力がみなぎったことを今でも覚えています。

朝10時、私はベッドから車いすに乗せられ、リハビリ担当医がいる処置室に妻と行きました。
(※実はこのとき、発症後初めてベッドから起きました。)

処置室でちょっとだけたわいもない話をしたあと、リハビリ担当医からこう言われたのです。

「脳血管障害が発症して2週間、包み隠さず言います。あなたの身体はもう以前のように動くことはありません。」
「先生、たった2週間しか経っていないのに、どうしてもう動かないと断言できるんですか?」
「麻痺の程度は人それぞれですが、発症後2週間経過した時点の動きで麻痺の度合いを推し量ることができます。」
「あなたの場合、指先はまったく動きません。それはすでに脳神経が死んでいて動かしようがないわけです。」

私は処置室で、リハビリ担当医の話を冷静に聞いていました(聞こうと努力していました)。

そして処置室を出るとき、リハビリ担当医は次の言葉を投げかけました。
「右片麻痺で身体が動かない、不自由になる現実を早く受け止めてください。そして第二の人生をスタートさせてください。」

その言葉に対して、私は無言…妻は「ありがとうございました。」と頭を下げて処置室をあとにしたのです。

処置室から6人部屋の一般病棟に戻る間、私は頭が真っ白になり、妻の問いかけに対しても無言でした。

そしてベッドの周りをカーテンで仕切ってもらい…布団で顔を隠し泣き続けたのです。

関連記事

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

自暴自棄

リハビリ担当医から宣告された「もう右手右足は動かない」という現実を突きつけられて以来、数週間、私の精

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑