*

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

公開日: : 未分類

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います。
脳血管障害の主な治療方法の1つとして、カテーテル治療(血管内治療)があります。
(私もしています。)
脳内に流れる血流は、4本の血管を経由しています(=左右の頸動脈/椎骨動脈、合計4本)。
この4本の血管(血流)が、脳内全体を包み込むように張り巡らせているのです。
一昔前であれば、開頭手術をすることが脳血管障害のメイン治療法でもありました。
もちろんほとんどの開頭手術は脳内にダメージを与えることはありませんでしたが、治療する部分が脳内表面でなく脳内深層部の治療をする場合、脳内だけでなく神経組織へダメージを与える可能性が含まれていました。
神経組織にダメージを与えるということは、身体の一部に麻痺を発症させることを意味します。
そうしたダメージを回避するために考案されたのが、カテーテル治療です(1970年代以降)。
○カテーテル治療…
通常は、足の付け根の動脈(大腿動脈)から直径2mm程度のカテーテル(=ガイディングカテーテル)を挿入していきます
まず血管内に造影剤を投与し、レントゲンによって血管の流れを透視します。
レントゲンに透視された画面を診ながら、脳内の治療部分手前までカテーテルを持っていきます。
そしてカテーテルの中から直径0.5mm程度の「マイクロカテーテル」を誘導→治療部分をまで到達させ治療に当たります。
こうしたカテーテル治療の進歩によって、脳血管障害の治療法は目覚ましく進歩しました。
(患者さんの肉体的負担を軽減することはいうまでもなく、費用対効果の高さもカテーテル治療の強みでもあります。)
欧米諸国では早くから脳血管障害の第一線の治療法として認可されていましたが、現在では日本においても(1990年代)、ようやくカテーテル治療が認可されてきました。
安全性と有効性を兼ね備えたカテーテル治療の確立によって、開頭手術が激減したと考えて間違いはありません。
ちなみに2014年10月に脳血管障害で入院された磯野貴理子さんは、カテーテル治療によってたった2ヶ月で復帰されました。
これも、カテーテル治療の成せる技術だと思います。
(もちろん、早期発見された旦那さんあってのことです。)

関連記事

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

ライティング業務

2003年の個人情報保護条例が近づくにつれて、徐々にデータ入力業務は減っていました。 (※当然、デ

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑