*

私が経験した脳内出血の治療方法について

公開日: : 未分類

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法について触れてみたいと思います。
まずICUにいる間は、薬物治療がメインになります。
あとから先生に聞いた話を要約すると、「血液の凝固を溶かす薬/脳のむくみを保護する薬」が投与されます。
脳血管障害(脳内出血)を発症した場合、脳が腫れる症状に陥るため、まずは脳内の圧力を安定させることが最大の課題なのです。
私の場合、脳内が安定するのに約1週間かかったことになります。
そして一般病棟に移ってすぐ、カテーテル治療をしたようです(この頃は、まだ自分自身の意識がどこのあるのかわからない状態)。
カテーテル治療とは太腿の動脈からカテーテルを挿入し、脳内の血管を治療する方法です。
そしてさらに脳内が安定すると、私は頭部にちょっとした外科的手術を受けているのです。
実はこの手術は非常に痛かったため、鮮明に記憶に残っています。
頭部全体を固定するため、金具を装着されました。
そして身体(頭部)が動かないようにするため、たくさんの看護師が私の身体を押さえつけていました。
ここからは手術された経緯は、感覚的なものになります。
頭部にメスを入れられ、少し開頭されたようです。
麻酔はされていたように感じますが、かなり痛くてわけのわからない言葉を言い続けていました。
手術時間も覚えていませんが、手術した形跡として左上頭部がへこんでいます。
多分、この部分の手術がされたと思います。
(脳内出血で脳内に血液が溜まっていたので、左上上頭部を開頭し流れ出た血液を取り除いたのではないかと思います。)
これが私の大まかな治療方法の経緯です。
とにかく、すべての治療方法がうる覚えなのは事実です。
そして…すべての治療方法がうまくいったから現在の自分がいるということです。
そういう意味では、病院の先生や看護師に対して感謝しかありません。
(運ばれてきたときは、寝たきりで言葉も話せない可能性がありますと言われていたくらいですから…。)
ちなみに今でも、血液が固まらないようにする薬と血液がサラサラになる薬(=合計2種類)を飲み続けています。
最後に薬をやめて良くなったという話を聞きますが、私はそれを信じません。
何故なら私が入院している時、薬をやめた人が再び脳血管障害で運ばれてきたからです。
その方とは今でも親交がありますが、薬をやめたことを今でも後悔しています。

関連記事

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

no image

脳血管障害の後遺症について

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。

記事を読む

no image

脳卒中後に起こりやすいうつ病について

脳卒中を発症すると、片麻痺などの後遺症を引き起こすことは良く知られていることだと思います。 しかし

記事を読む

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑