*

ある日、突然…電車内で意識を失う

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。

大阪での結婚式でしたが、実は故郷が同じ友人5人が招待されていました。

無事、結婚式が終わり2次会へ参加…そして3次会は分かれて、同郷5人だけで梅田北新地で飲み続けました。

私はという相変わらず、顔を真っ赤に火照りながら弱いお酒をグイグイ飲み続けていました。

(※久しぶりの同郷人ですから、特に気持ち良いお酒でした。)

そして夜25:00…横浜から来た友人だけを自宅に泊めることに…

次の朝、私たちはいつものように目覚め朝食をして、横浜の友人を新大阪まで送り届けることに。

ちょうど日曜日だったこともあり、私は5歳の長男も連れていきました。

電車に乗り込むと心地よい太陽光が注ぎ、私たちは座った状態でウツラウツラ…(少々寝不足)。

そして終着駅に付き立ち上がろうとしたとき、私は言葉にならない言葉を発して、その場に倒れました。

ここからは、あとから友人に聞いた話を…。

表情を見ると、口から涎(よだれ)を垂らした状態で、まったく反応がなかったそうです。

友人が私を持ち上げて、必死に駅員のところまで連れて行ったそうです。

駅員さんは、「これは脳をやられてるな。早く救急車を呼ばなければ。」

そして「まだ若い男性、一番近い病院へ連れていかなければいけない」とも言っていたそうです。

もちろん私は倒れた時点から、まったく意識はありませんでした。

(※ちなみに長男はお父さんに何が起こったのか把握できず、目が点になったまま立ちすくんでいたようです。)

これが、私が脳内出血で倒れた一部始終です。

よく倒れる前に「手が震える」「言葉が出なくなる」といった症状が発症するといわれていますが、

私の場合、そういう症状は一切ありませんでした。

実はそうした症状が現れる人は、脳血管障害を発症する約30%にも満たないのです。

だからこそ、自分の体調管理をしっかりチェックしておく必要があるのです。

そして、私はそのチェックを怠った1人であり、自業自得の人生を迎えようとしているわけです。

(※自業自得の意味…片麻痺になり、仕事を失い、家族ともども不安な生活を強いられる。)

関連記事

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

脳血管障害の私はまだラッキーな人生かもしれない

私の障害者人生を考えてみた時、まだラッキーだったと思います。 まず第一に私が地下鉄で倒れた時、ちょ

記事を読む

no image

脳血管障害に欠かすことができない画像診断~CTスキャン~

脳血管障害の有無をチェックする場合、必ず行われるのは画像診断(CTスキャン)です。 CTスキャンは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
11月6日~松葉ガニの解禁日~

私の実家は鳥取県です。 そして鳥取県の冬の名物といえば、やはり「

no image
久しぶりに佐賀県の湯布院に…

少し前ですが、27年ぶりに大分県の湯布院に行ってきました。 実は

no image
昔からの親友と寿司&北新地のクラブへ

私は若い頃に脳内出血を発症してしまい、その結果、「仕事もこれからだ!」

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑