*

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

 

私はある商社で働いていました。

もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、1年のうち、約200日は出張と西日本各地を飛び回っていました。

そして、そういう生活が10年以上続いていました。

27歳で結婚をして、家庭も落ち着いていました。

また私自身、体力にも自信があったので、こうした出張生活も苦になることもありませんでした。

しかし出張多忙によって、知らないあいだに精神的・肉体的にも麻痺していたのかもしれません。

出張先ではさほど強くないお酒を浴びるほど飲み(接待)、1日に飲む煙草も40本…

実はその頃から、わかっていたことがあります…血圧が高いことを…(当時は150-90)

そして、私は心に決めていることがありました。

「40歳になったら、きちんと診察を受けて薬を飲む」

しかし、私は40歳の手前で倒れました。

病名は「脳内出血」です。

倒れてから…意識が明確になればなるほど、自分の脳裏に次々と不安感が大波のように押し寄せてきました。

・倒れてからわかる…もはや自分は健常者ではなく、障害者であることを…。
・倒れてからわかる…自分の~そして家族の人生が一変することを…。
・倒れてからわかる…これからどのように生計を立てればいいのか…。
・倒れてからわかる…仕事がしたくても、どこも受け入れてくれない…。

通常、人生は1つです。

しかし私の場合、人生は2つあるといっても過言ではありません。

1つは倒れる前までの人生(健常者)…そしてもう1つは倒れてからの人生(障害者)…

今だから言えます。

「人生、なるようになる!」

しかしここまでたどり着くのには、それなりの苦労がありました。

これから脳内出血と戦いながら、ようやくたどり着いたインターネットビジネスについて触れていこうと思っています。

関連記事

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

脳梗塞の最先端治療~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法

脳血管障害は、「脳血管に血栓が詰まる脳梗塞/脳血管が破裂する脳卒中/脳血管にできたコブが破れるくも膜

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ゆとりのある暮らしについて

脳内出血で生死のさかいを彷徨って約20年。 正直な話、本当に今ま

no image
痛風患者でも飲むことができるお酒

プリン体ゼロのお酒、ホッピーについて書いてみましょう。 まだ子供の頃

no image
フェブリクの使用感想

高尿酸症や痛風の薬として作られた「フェブリク」は、約40年ぶりに作られ

no image
尿酸を作るプリン体を減らす方法

食物には、少なからず尿酸を作るプリン体が含まれています。食物に含まれる

no image
尿路結石で救急車は呼ぶべきか?

数々の激痛を経験していますが、我慢強いのか、我慢してしまうことが多い私

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑